偉大な父を持つ子のプレッシャー

  新着情報

元中日監督の落合博満氏(65)の長男で声優の落合福嗣(31)が“声優界のアカデミー賞”第13回声優アワードで新人男優賞を受賞したというニュースが飛び込んできました!

落合博満氏は野球ファンでなくても知っているほどの超有名スター選手ですから説明不要かと思いますが、ご子息である福嗣氏が声優での初タイトルという事に驚きました!

父は3冠王を3度獲得するなど、日本のプロ野球の一時代を築いてきた偉大な大選手。同世代と言えば、長嶋茂雄さんや王貞治さんなどなど、偉人クラスのスター選手達ばかり。その2世として長嶋一茂さんを筆頭にそれぞれプロ野球の道を進んでいる方が多い中、福嗣氏は声優への道を選択したというのは勇気ある決断だったろうなと思います。

周りからは父の跡を継ぐように野球を志して欲しいという想いもあったでしょうし、常人では計り知れないプレッシャーなどがあったのかと思います。

そんな中、自分の道での初タイトル獲得。ご本人は今どんな思いなんでしょうか?

我が道を行く。

まさにこの言葉の通り、自分の意志で決めたことを継続して努力された結果なんでしょうね。

千葉あられも常に継続して今以上の感動と興奮をご提供できるよう努めてまいります!

明日もご連絡お待ちしておりますね♪

 

PS.落合福嗣さん新人男優賞受賞おめでとうございます!